トロフィー、それは日々の努力と成果を称える象徴の一つ

トロフィーなんて無縁の人生?

大会やコンペなどで優勝者などに贈られる景品の一つに、トロフィーがありますよね?普段何気なくマスメディアなどで、スポーツ選手などが手にしているアレです。マスメディアから入ってくる情報だと、ついつい非日常的で特殊な存在に思ってしまいますが、決して遠い存在ではないという事をご存知でしょうか?その証拠に、トロフィーなどを扱う景品屋さんは意外とあるんですよ!例えご自身には生涯において競技する事がなかったとしても、お子さんが生まれ、その子の習い事などでトロフィーを手にするなんて事もあるかも知れません。

貰う側の気持ち、あげる側の気持ち

いくらそんなに遠い存在ではないといっても、やはり、多大なる努力をしなければ手には入りませんよね!それだけトロフィーには価値があり、ステータス性が高く、皆、喉から手が出るほど望んでいるものです。血の滲むような努力をしてやっと手にしたトロフィーが、その人にとって最初で最後なんて事は粗にあります。また、逆にその喜びから更に努力を続け、素晴らしい選手になるかも知れませんよね?一方、大会等を運営する側は、場合によっては数十個のうちの一つにしかありませんので、残念ながらそこまで感情移入してトロフィーを授与してはいないでしょう。しかし、もしかするとそのトロフィーが、その人のターニングポイントになるかも知れないと思い、トロフィーと共に気持ちのこもった暖かい言葉をかけてあげると良いでしょう!

トロフィーの大きさ=やる気のバロメーター

なんと言っても、トロフィーはサイズが一番重要ですよね!もし、大会運営側がその大会を現時点よりも、大規模にしたいとお考えなのであれば、まず最初にトロフィーのサイズを大きくする事をお勧めします。競技者たちは常に自分たちの競技について色々と検索しているので、直ぐその者たちの目に留まり、大会へ参加をしてくる事でしょう!また、どんなに強豪選手たちが集まる大会でも、授与されるトロフィーがお粗末な場合、トロフィーの他に価値ある副賞が無ければ、参加人数はおのずと減少していく事でしょう。

トロフィーとは、コンテストや試合などで入賞したり、優勝したときに、もらうことができるもののことです。