二世帯同居を上手く送っていくための3つのポイント

プライバシーを保てる空間づくり

今は昔と比べて、親世帯と同居している子供世帯は少なくなりました。しかし、高齢化社会となった今、将来を考えて同居をする世帯が増えてくることが予想されます。同居といっても上手くいかないことをよく耳にしますが、ストレスを最小限にして生活を送っていくことが大切です。そのためには、まずは住む家のそれぞれの生活空間を守っていくようにしましょう。同居のスタイルは、完全同居から二世帯住宅などがありますが、完全同居でも寝室以外に自分たちのくつろげる空間を確保しておくことは大事なことですよ。例えば、1階と2階で世帯ごとに生活空間を設ける方法や、お風呂やキッチンを新たに設けていくだけでも快適さが違ってきます。こういった空間づくりは、配偶者となる人は積極的に言えないところがあるので、そこは親子が配慮していくところです。

生活上のルールを決める

二世帯が1つの家に同居するということは、当然生活スタイルや家事の仕方なども違ってきますよね。お互いに歩み寄ることも大切ですが、家族だからといって何もかも合わせていては、疲れてしまいます。そうならないためにも、家事の分担などのルールを決めて、自分たちの生活リズムを理解してもらうことです。家事に関しては、どちらか一方に偏っていては、お互いに生活しづらい雰囲気がでてきてしまうので、そこはちゃんと話し合っていくようにしましょう。親世代にとってみれば理解しにくいところもあるかもしれませんが、気持ち良く生活していくには良い方法なのです。また、生活リズムを理解してもらうことで、気を遣うことも少なくなります。こういったことが、過干渉を防いでいくことになるので、お互いに楽でいられます。

お互いを思いやる気持ち

同居でよく起こるトラブルといえば、やはり嫁姑問題ですよね。これは昔からの永遠のテーマであり、実際にこれで悩んでいるお嫁さんやお姑さんは多くいます。昔は嫁ぎ先の習慣に合わせていくことが、嫁としての常識でしたが、時代が変わってきた今では昔のようにはいきません。同居しているお嫁さんにも仕事をしている人は多く、家事や育児にもこだわりのあるやり方があります。それを認めてあげることがその人への尊重であり、余計な手だしや口出しをしないことがプライバシーの配慮となってきます。要は思いやり精神が大きく関係してくるのですが、実の子供である立場の人が間に入ってあげることが修復につながります。みんなが仲良く暮らしていくためには、お互いを思いやれる関係がストレスのない家庭を築いていけるようになるでしょう。

シュレッダーは、別名で破砕機とも呼ばれ、対象の物を破砕する機械の事をいいます。オフィスなどで書類を細かく破砕するものから、工場などで廃棄物等を破砕するために使い大型のものまで様々あります。