アイデア満載!コピー用紙の意外な3つの使い方

コストの安いコピー用紙ならではの使い方がいっぱい

上質な紙を使用しているにもかかわらず、とっても安い値段で手に入るコピー用紙は、ただ単にコピー機で使うだけではなく、いろいろな使用法があるんです。文具店や事務用品店、スーパーなどどこにでも売っているコピー用紙は、アイデア次第でいろんなことに使えるスグレモノ。A4サイズや、B4サイズといったよく使用するサイズのコピー用紙を、家庭でもストックしておくと、何かと便利なんです。自分だけのオリジナルの使い方を考えるのも楽しいものです。

家庭用プリンターとの愛称もばっちり

一般家庭に普及しているインクジェット式やレーザープリンターには、各メーカーからプリンター専用の印刷用紙が販売されています。これらの印刷用紙は、コピー用紙でもじゅうぶんに代用可能なんです。コピー用紙は、専用紙に比べると、フルカラー印刷をするときには、出来上がりに差がついてしまいます。しかし、文書やはがきなどにモノクロ印刷をするのには、十分な性能を持っているんです。しかも、一枚あたりのコストが、1円以下という驚きのコストパフォーマンスを誇ります。

メモ帳にすれば経済的

コピー用紙を、裁断機でA6サイズほどの大きさにカットすると、あっという間にお手製のメモ帳の出来上がりです。市販されているメモ帳よりも、紙質がしっかりしていて、裏写りもほとんどありません。この品質のメモ帳を文房具店で買うとなると、かなりの出費になること請け合いです。コピー用紙で大量にメモ帳を作って、オリジナルの表紙をつけておき、家のあちこちに置いておけば、いつでもメモがとれて忘れ物をすることがなくなるかもしれません。

業務のために大量のコピー用紙が必要な場合には、インターネットの通販サイトを活用して一括購入を行うことができます。